2017年02月03日

吟行 岡山県 鬼の城~おっぱい神社

2017年最初の吟行は、9名で岡山県総社市の古代山城 鬼の城へ。
雪残る山道を登れば砦が現れる。観光客もほとんどおらず、静寂に包
まれた砦で、鬼の城が作られた、1300年前、日本が倭と呼ばれていた
昔に思いを飛ばす。気づけば遠くに讃岐富士が見えた。

鬼の城をあとにし、おっぱいの神様で有名な軽部神社へ。世にも珍しい
おっぱい絵馬には、病気快癒や授乳の悩みなどが綴られる。まれにE
カップになれますように、などという直接的なお願いもあり、ほほえましい。

さて一行は、鬼ラーメンなる激辛ラーメンを食し、横溝正史の疎開宅のある
倉敷市へ。普段観光客も来ないのか、4台ほどの駐車場は、疎開宅詰めの
おばちゃんの車であふれ、止められない。誰も通らない道に路駐し、中へ。
9人できたことを伝えると、上を下への大騒ぎ。お茶とお話をいただき、
最終目的地、吉備真備公園へ。吉備真備は、漢字からカタカナを作った人。
我が街の広峰神社の創健者でもあるらしい。吉備真備駅をすぎ、日本酒
吉備真備を階に創業130年の酒屋へ。店前に駐車して、お酒を買いに出よう
としたら、後部でドン、と鈍い音。酒屋のじいさんが、逆突、バックでぶつかっ
てました。けが人もないので、警察を呼び、物損処理。温泉で汗を流して
帰路に就いた。

カタカナは漢字の一部梅探る 猛虎
聞き込みす金田一耕助のマント 遊名
鬼の城の瀬戸を見つめる雪だるま 弥生
酔狂か真冬に老いの吟行団 壮月
肩寄せるおっぱい絵馬や日脚伸ぶ 小春
初登山吉備王国を一望す 辰若
ロボットに性別はなし星冴ゆる 基
白菜の口縛らねば姦しき 日田路
解け始む展望台の雪だるま 土筆









  


Posted by 亜流里  at 13:40Comments(0)今月の句会

2016年12月07日

ボトル彫刻

友人がボトルに様々なメッセージやデザインを彫刻してくれます。
私の駄句も、ボトルに彫り込まれると、この通り。数段よく見えます。
画像の回転のさせ方がわからない・・・・


  


Posted by 亜流里  at 15:57Comments(0)ひとりごと

2016年12月02日

ラオス吟行

2015年11月 句会亜流里初めての海外吟行はなんとラオスの世界遺産ルアンパパーン、東南アジアのいくつかは旅しているが、
ラオスという国は全くなじみがない。亜流里メンバー13人とご家族総勢16人は、やはりメンバーのラオス通有紀子ガイドの元、様々な
事態に遭遇する、珍道中にスタートしたのだ。詳細は、さておき俳句だ

のどかなり川の恵みと暮らす民  亜紀
水浴びは象と一緒にラオスの子  小春
万という単位の軽き蝶の国     海童
旅人をのせて余生の象の耳    遊名
トゥクトゥクの避け老犬の大昼寝 日田路
うたかたの竹橋渡る星月夜    弥生
幼僧の素足正しく地を踏めり   雅子
機を織る少女の肩に蝶の影    妙高
象の墓場はきっと春のメコン川  猛虎
剥くにつれバナナの花の摩訶不思議  一路
えぐられし乾季のメコン川淀み   基
乾季来し老いらくの象河渡る   文也
もやけぶる托鉢の朝夢の国   宍戸




後日談、こんなに楽しい旅行はなかった。旅行は誰と行くか?ですね
メンバーは文才の塊、その中でも簡潔に見事に後日談をうたい上げた妙高氏の手記を掲載しておく
皆で近々の再訪を誓った

私もラオスで考えた  妙高

ラオスから帰国して、2週間近くが経ちましたが、私はまだラオス熱に患っております。
正直、出発前には、ラオスに大きな期待を抱いておりませんでした。
有名な句会の12世が、行き先地をミャンマーやベトナムと間違っていたのと50歩100歩でした。
食事が合わない。行先に関する旅行案内書が少ない。ルアン・パパンが覚えられない
(私、イヤン・パパンと覚えておりました。)等散々な第一印象でした。

でもこの予想(?)をラオスは、大きく外れさせてくれました。
まずガイドさんが素晴らしかったこと。食事が美味しかったこと。ラオスの人たちが、心優しかったこと。
悠久のメコン川が見れたこと。象に乗れたこと。そして、それらの全てを受け入れている有紀子さんの
ラオス愛が感じられたこと等。

物を見る旅というより、多くを感じる旅となりました。これらの感情を一言で言うと「懐かしさ」でした。幼い頃、
毎日感じていて、いつの頃からか失くしてしまった「ゆっくりとした」空気感でした。この空気感をいつの頃か
らなくしてしまったのか?失くしたのは、私だけだったのか?ひょっとして多くの日本人が何処かに置いてき
てしまったものなのか?ラオスは、人を思索人にする。こんなことを思いながら、次のラオス行きを考えてい
る私です。























  


Posted by 亜流里  at 11:16Comments(0)今月の句会

2016年12月02日

出前俳句授業

11月28日、海を渡り、坊勢島の坊勢小学校へ出前俳句授業に行く。対象は5,6年生50名だ。
チームに分かれた子供たちは、それぞれの場所で、思い思いに俳句を作る。みんなとても楽しそうだ。
島の学校は切り立っている。上と下に小さなグランド、校舎の1階と4階くらいの高低差、みんな足が
速いらしい。楽しい句会の後は、乱菊でちらし寿司、具沢山で酢飯までなかなかたどり着かない。
街中には野良犬がいっぱい、食べ物に不自由しないのか、よく太り、寝ころんだまま。去年の
ラオス吟行を思い出した






  


Posted by 亜流里  at 10:26Comments(0)ひとりごと入選・マスコミなど

2016年12月02日

六甲縦走

11/23(祝)は4年ぶり?の六甲縦走。今年は、神戸マラソンと近かったせいか、
2000人の定員割れをしたようで、チケットが当たってしまった。
六甲縦走は神戸の須磨浦公園から宝塚までの56kmを六甲山を上り下りしながら
15-6時間で歩く大会である。
過去5回ほど完走しているが、前日、翌日とゴルフ予定だったので、市ケ原から
新神戸へ降りる、30キロを目指し、6時半にスタートしたが、日ごろの不摂生がたたり
左ひざに激痛、25km市ケ原で豚汁をいただいてリタイアとなった。
久々に復活の縦走熱、少し減量しよう



  


Posted by 亜流里  at 10:13Comments(0)ひとりごと

2016年12月02日

第10回播磨芭蕉忌フェスティバル




2016年11月6日(日)第10回芭蕉忌フェスティバルを盛大に開催した。姫路市内の増位山随願寺に芭蕉の蓑笠があることを知り、
市民に広く知っていただこうと芭蕉忌をはじめて、10年、一区切りを迎え、感無量である。この春、第1回目よりご指導いただいた、
「ひいらぎ」主宰、小路紫峡先生がご逝去されたのでなお一層の思いである。ご冥福をお祈りいたします。

さて、芭蕉忌は120名のご参加をいただき、姫路護国会館で開催した。東京より、月間俳句界 林編集長の講演会、一般の部、
学生の部の事前投句表彰式、当日投句表彰式と盛りだくさんの内容であった。地元ケーブルテレビのWINKも取材に入り、
12月にオンエアの予定となっている。さて、来年の新しいステージへ進もう  


Posted by 亜流里  at 10:00Comments(0)播磨芭蕉忌フェスティバル

2016年09月20日

俳句王国がゆく NHKeテレ

昨年に続き、NHKeテレ 俳句王国がゆく に出演しました。司会はU字工事さん、夏井いつき先生、豊田エリーさん、松尾伴内さんと我々素人俳人4名、長崎県波佐見町での俳句バトルでした。

勝利チームの賞品は くらわんか茶碗 です

長崎県波佐見町で大量生産され庶民の器として親しまれた茶碗。江戸時代、大阪の淀川で客船のお客相手に飲食物を売っていた小船「くら
わんか船」が使っていました。飯くらわんか?酒くらわんか?割れにくい陶磁器、いかにもの名前です

林檎の芯囓り少年走り走る 猛虎










  


Posted by 亜流里  at 11:53Comments(0)入選・マスコミなど

2016年07月22日

7月22日の記事

2016/5/29(日)明延鉱山-天滝-かいこの里へ吟行。
明延鉱山の超お笑い系ガイドさん、われらが土筆さんと絶妙のボケツッコミ。
爆笑の声は坑道いっぱいに響き渡りました。天滝は少し雨に降られながらも
山ヒルにあうこともなく、無事のぼりきりました。今回もとても楽しい吟行でした。

露天湯のドレミファソラシ走り梅雨 猛虎
天平に納めし赤銅夏の夢      文也
これよりは神の遊び場滝しぶく   青二
天滝や突如現れ零れ落ち      基
廃坑の黄金伝説山笑う        薫風
山蛭の怖さを知らず白き肌     土筆
君知るや世に蚕だけ絹を吐く    壮月
天滝や絹の如くに滑り落つ     太
天滝や夏もろともにすべり落つ   一路
木洩れ日を集めて白き山うつぎ  小春
天滝のしぶきに輝く青紅葉     弥生

ささやきをまた聞き返す滝の前   英俊
  


Posted by 亜流里  at 11:33Comments(0)

2016年07月22日

7月22日の記事

2016/7/18 滋賀県MIHOミュージアムへ吟行。参加者は13名の大所帯。長いトンネルを抜けると現れる圧巻の美術館は、景観保護のため、一度山を削り、建物を建設し、再び埋める、という大工事だったらしい。目当ての若冲、白い象は展示されていなかったものの、茶釜の特別展、常設の展示も楽しめた。牛石で近江牛に舌鼓のあと、忍術屋敷へ。落とし穴や回転扉、隠し部屋など面白かった。みなさん、どんな句をひねり出したことやら・・・
  


Posted by 亜流里  at 11:12Comments(0)

2016年05月21日

4年ぶりの更新

存在をすっかり忘れていた句会亜流里のホームページ。過去にもさかのぼりながら、たまには更新していきたいと思います。

さて本日は、小学校で「出前俳句授業」。95名の5年生に、俳句の授業を実施しました。校庭での俳句ネタ探し、体育館での
俳句作り、ミニ句会と大盛り上がりの2時間。元気のいい、素直な子供たちばかりでたくさんの素敵な句ができあがりました。
  


Posted by 亜流里  at 09:14Comments(0)

2012年08月06日

京都 宮津・伊根吟行



宮津・伊根に吟行してきました。宮津の富田屋での食事を皮切りに、宮津昼食、国清寺、天橋立、元伊勢籠神社、成相寺(西国33)伊根町舟屋、経ヶ岬-宇川温泉よし野の里と盛りだくさん。
当日伊根では、偶然にも7年に1度の船渡御の日。素晴らしい出逢いでした。

夕凪や舟屋に入り切らぬ舟 猛虎  


Posted by 亜流里  at 14:41Comments(0)今日の俳句

2012年04月02日

夏石番矢氏 トーク&朗読会



2012/4/1 姫路の書肆 風羅堂で夏石番矢氏のトーク&朗読会がありました。
お話しされること、俳句など全く理解できず、脳みその違いを思い知りました。
質問コーナーで出る質問も理解できず、賢い人と賢い人はまるで記号で話をして
いるようだ、と思いました。

ちなみにこの句は

ふるさとに猪太り空飛ぶ法王 番矢

という句です  


Posted by 亜流里  at 19:27Comments(0)今日の俳句

2012年03月31日

俳句っぽく?



たましひを集めて春の深海魚 猛虎  


Posted by 亜流里  at 18:08Comments(0)今日の俳句

2012年03月31日

銀の馬車道サイクリング



今年も参加してきました。兵庫県生野銀山で算出した銀を姫路まで運んだ、日本最初の高速道路、
銀の馬車道。総距離50kmをサイクリングする、姫路西ロータリーのイベントです。
  


Posted by 亜流里  at 18:06Comments(0)ひとりごと

2012年03月31日

おいしい店 西荻窪はつね



関西人にはちょっと遠回りな、西荻窪はつねのタンメン。行く価値有り。  


Posted by 亜流里  at 18:04Comments(0)旅先の食べ物

2012年03月31日

おいしい店 姫路




姫路でお肉なら she'll be がおいしいです。要予約。
テールシチューとステーキ少々  


Posted by 亜流里  at 17:59Comments(0)旅先の食べ物

2012年03月31日

おいしい店 小京都 龍野市御津町



御津町の食事は福でどうぞ。トラキチのお母さんと娘さんが迎えてくれます。
タイガースの選手も時々ご来店とのこと。シャコ、穴子、ヒラメ、メバル、そのほか
海の幸だらけで何と料理はひとり3500円、どうよ。  


Posted by 亜流里  at 17:51Comments(0)旅先の食べ物

2012年03月31日

コストコ神戸



何でも売っているコストコへ4200円の会員登録をして入店。でっかい店に箱売りオンリーの
商品がズラーっと。しかも指輪まで置いてある。値段は・・・?恐ろしい。  


Posted by 亜流里  at 17:46Comments(0)

2012年03月31日

おいしい店 神田やまいち



20数年前神田で働いていた頃、勝漫というトンカツ屋があった。今もあるのかな?
そこの人が独立した店?やまいち。関西ではほとんどお目にかからないごま油系の
さくさくトンカツ。ぜひご賞味あれ。  


Posted by 亜流里  at 17:44Comments(0)旅先の食べ物

2012年03月31日

おいしい店 西宮ガーデン



東京の有名店 カレーうどんの古奈屋。
非常にクリーミーなカレー出汁が特徴で、しかも何と、海老天ぷらのトッピングが名物  


Posted by 亜流里  at 17:38Comments(0)旅先の食べ物